FC2ブログ

ツイッターのビジネスへの活用事例と集客効果 - 情報商材をブログアフィリエイト 初心者の方が楽しみながら、月5万円を稼ぐ方法公開♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターのビジネスへの活用事例と集客効果

ツイッターは今やビジネスをしていく上での必須ツールのような扱いになっていますが、
あなたはまだツイッターがどのようなに活用することが出来るのかを
理解出来ていないかもしれませんね。


そこで、ツイッターの活用事例と合わせ、
リアルビジネスやネットビジネスでツイッターから集客する方法を書いていきます。


ホームページ、ブログへの誘導


最も簡単なのが、ツイッターのフォロワーを自分のブログに誘導してくることです。
自分のサイトのURLをツイートすれば良いだけですから、非常に簡単ですね。


このブログにも度々ツイッターから誘導することがありますが、大量にRTされたり、
またはフォロワーがもともと多いアカウントでツイートをすることで、
1000を超えるようなアクセスが来ます。


むしろ使い方とフォロワー次第では1万アクセスくらいなら引っ張ってこれるでしょうね。
それだけツイッターの拡散力はハンパではないものがあるのです。


自社のホームページへの誘導はもちろん、アフィリエイト目的のブログへと誘導することも可能です。ただし、そこで気を付けなければいけないのはいきなりセールスレターに飛ばさないということですね。セールスレターに飛ばすと売り込み色が強くなり、フォロー解除されてしまう可能性もあります。

それよりはまずコンテンツの充実したサイトを作成して、
そこで必要性を訴えて欲しくさせた後に、
サイトからセールスレターへ誘導するのがベストです。



メルマガ登録ページヘの誘導

メルマガ登録ページ(ランディングページ)に誘導して、
そこで顧客リストを取得していくのも1つの手です。

ツイッターから直接販売するのはほぼ不可能と言っても良いですが、
メルマガでリストを取得して、教育を仕掛けていくことで商品を販売することができます。


相手に必要性を訴えて、自分という人間を信頼してもらうことが出来れば、
メルマガで紹介した商品は高確率で買ってもらえるでしょう。



ネットビジネスでは頻繁に使われていますが、
ステップメールを使用することで教育から販売の流れを全て自動化することができるので、
自分はツイッターで集客に専念すれば良いわけですからね。


ただし、ネットビジネス、リアルビジネスに限らず、
ランディングページは胡散臭い感じを取り払ったものでなければいけません。


最近ではマンガや動画を使ったランディングページの製作が流行っており、
ビジネス目的ではないことを気づかれない重要性に一部の人が気付き初めてきています。


ツイッター利用者が求めているものでもお話しましたが、
利用者の多くはエンタメ性を求めてツイッターを利用しているわけですから、

そこで自分達の存在を認めてもらうためには、
エンタメ性の高いことをやっていく必要があるのですね。





直接キャッシュポイントへ誘導する


楽天アフィリエイト、無料オファーあたりが該当します。
楽天アフィリエイトは言わずと知れたCookieによる報酬取りのトップですね。


アフィリエイトリンクを踏んでから1ヶ月間、商品を買うまでCookieの効果が持続します。


しかもリンクを踏んだ商品ではなくても報酬が入ってくるので、
とりあえずリンクを踏ませるだけで儲かる可能性がある、
お小遣い稼ぎには最適な方法です。


一方無料オファーはネットビジネス業界で流行っている手法で、
セミナー動画などをプレゼントするランディングページに登録させることで、
1件あたり300円~500円程度の報酬が見込めるシステムです。


アドレス登録だけで500円と考えると非常に割が良いので、
アフィリエイト初心者などはこれで実績を伸ばす人が多いです。


しかし、この2つに関してはツイッターを有効活用しているとは言いがたいので、
出来る事なら先に紹介したサイト誘導、メルマガ登録を優先したいです。


少なくともネットビジネスの場合はしっかりとバックの仕組みを作っておくことで、
顧客単価1000円以上になってきます。


なので、無料オファーのように500円程度で相手にリストを渡してしまうのは、正直勿体無いのです。

だから直接キャッシュポイントに誘導する方法に関しては、
どうしてもツイッターを上手く使いこなせない時の最終手段だと考えてください。





以上が、ツイッターを利用して利益を出す方法の一例です。


あとは有名な企業がどのようにツイッターを活用しているか調べてみると良いですね。

ソフトバンクの孫正義さんは自身が積極的に一般人と絡んでいくことで、
そこから自分との親近感を生み出していますし、
無印良品などはタイムセールの告知をツイッターで流し、かなりの商品購入があったと言います。

今後ツイッターが衰退したとしても、再び第2,第3のツイッターが出てくるのは間違いありません。要はコミュニケーションツールであるという根幹さえ抑えることが出来ればメディアが変わっても集客は簡単に出来ますから、まずはツイッターでその方法をしっかりと学ぶことが大切ですね。




 
今日の記事は参考になりましたか?






ランキング参加中です☆同じ仲間に出会えます。
 



*:?☆いつも応援ありがとうございます*:?☆
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayumi1008.blog.fc2.com/tb.php/144-2a03d15e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。