FC2ブログ

人脈の必要性と意味。人の力はいらない? - 情報商材をブログアフィリエイト 初心者の方が楽しみながら、月5万円を稼ぐ方法公開♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人脈の必要性と意味。人の力はいらない?

人脈の大事さはビジネスの世界では常に説かれていますね。
人脈さえしっかりと形成することが出来ていれば、
それだけで自分はドンドンと引っ張りあげてもらうことが出来ると、そんなことも言われています。


しかし、実際に人脈って本当に必要性が有るのでしょうか?

あゆみの考えるビジネスにおける正しい人と人の繋がり方を紹介します。



人脈に対する勘違い


まず多くの人が勘違いしていることとして、「人脈は多ければ多いほど良い」と思っている点です。

たしかに人脈が多ければ自分を助けてくれる人も多いですし、
ビジネスを有利に進めていくことが出来る気がします。


ですが、例えば友人が100人いる場合と友人が10人しかいない場合では、
自分を助けてくれる人も10倍ですが、その分自分が助けなければいけない人も10倍になります。


あなたが全く知らない赤の他人から何かを頼まれても、それを引き受ける必要性は全く無いですが、
逆にあなたの知り合いに何かを頼まれてしまえば、それを簡単に断ることなんて出来ませんよね?


仮にその頼みが自分の意向に沿わないものであったとしても、
それを無下に断ることは出来ないわけです。

するとそこで本来の自分の信念と乖離した行動をとってしまうことになり、
それがブランディングの崩壊へと繋がっていく可能性があります。


つまり、人脈をあまりにも形成し過ぎると、
それがいずれは自分の足かせになってしまうということなのです。


特にレベルの低い集団同士で繋がりを持ってしまうと、
それは「人脈」ではなくただの「傷の舐め合い」になってしまうので、注意が必要ですね。



引き上げてもらうために人脈は有効


ただし、あゆみは人脈をまるっきり否定するつもりは無いですし、
ビジネスの成功において重要なものであることは十分認識しています。


例えば有名な人と人脈を築いておけば、その人の支援を受けることにより、
自分が持っている力以上の成果を出すことが出来るかもしれません。


これは会社員の場合も同様で、昇格するのは実力よりも、
上司に近い存在であることが優先されますよね。


だから引き上げてもらうために間違いなく人脈は重要なものなのですが、
それを目標に人脈作りばかりしていてはいけないということです。


そもそも有名な人と人脈を築くためには、余程コミュニケーション能力が高い人、
もしくはある程度実力がある人、このどちらかで無ければ不可能です。

なので、そのどちらも条件を満たしていない人が人脈を形成しようと思っても難しいので、
そういう人はまず自分の実力をつけることを優先しましょう。


ビジネスっていうのは自分の力で切り開いていくものなのですから、
人脈に頼りすぎるのではなく「いざという時に頼れる存在」くらいに思っていなければダメですね。


今日の記事は参考になりましたか?






ランキング参加中です☆同じ仲間に出会えます。
 



*:?☆いつも応援ありがとうございます*:?☆

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayumi1008.blog.fc2.com/tb.php/97-9bf58ebd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。